お知らせ

2021/09/09 現在募集中の求人

「戸部の屋根やさん」は、屋根リフォーム専門の職人を抱えるプロの職人集団です。

リフォーム工事は新築住宅工事と違ってお客様が生活している中で工事をしますので、よりきめ細やかな技術、また配慮やマナーが必要になります。
横浜建材工業ではお客様目線に立ち、お客様にご満足いただける技術とサービスをご提供いたします。


メンテナンスのタイミング

屋根は、種類や素材によって耐久年数は様々です。
50年もつといわれている瓦屋根でもメンテナンスをすることで長持ちします。

ここでは、屋根、外壁のよくある劣化事例をご紹介いたします。
こんな症状が出たらメンテナンスのタイミングです!

瓦屋根
漆喰と呼ばれる粘土のようなものが落ち、丸瓦がずれてはずれています。 銅線だけで固定しているため、銅線が延びてずれてしまいます。 このままにしておくと台風や地震などで瓦がはがれてしまう可能性があります。
対応策:漆喰の積み直しなど
スレート屋根 レベル1
この程度のカビやコケでしたら塗装が可能です。
スレート屋根 レベル2
だいぶカビ・コケが広がっています。 放置すると劣化を早める原因となります。 この上から塗装してもすぐにはがれてしまう可能性があるので葺き替えをおすすめします。
スレート屋根 レベル3
早急に葺き替えをご提案します。 カビ・コケともに屋根材自体も劣化し、反ってすき間があいています。 浸水し雨漏りにつながります。
スレート屋根 割れ
スレート材が割れています。 ここから雨が侵入し雨漏りの原因になります。 割れている部分だけ差替えが可能です。
金属屋根 サビ
サビがかなり進行しています。 塗装の亀裂からサビが深く入っています。 徐々に腐食して雨漏りの原因になります。 何度も塗装するよりも、軽くて丈夫な屋根材へ葺き替えをおすすめします。
サイディング壁 目地割れ
目地(コーキング)が割れています。 漏水して雨漏りに繋がります。 コーキングの打ち替え、もしくは外壁材の張り替えが必要です。
お見積もりは、こちら

屋根・外壁リフォーム

初めて屋根のリフォームを依頼する方にとっては、どんな屋根材があり、どんな方法があり、どのくらいの費用がかかるのかわからない点が多々あると思います。 ここでは当社で取り扱う屋根材や施工のながれ、予算についてご紹介いたします。

施工について

当社専属の屋根リフォーム専門の職人が施工いたします。

施工実績年間1,000棟、豊富な施工実績でレベルの高い技術とマナーをご提供いたします。

料金について

当社は激安ではありません。

しかし豊富な商材のご提案と適正な料金をお約束いたします。

お見積もり

お見積りは無料です。

修理やご相談、お気軽にご連絡ください。


取り扱い屋根材

他社にはない豊富な商品を取扱っています。
お客様の求めるイメージに合った屋根材をご提案いたします。

( )内はメーカー名
和瓦・洋瓦・その他瓦
鶴弥新東 他)
薄型スレート
コロニアル各種(KMEW
アスファルトシングル
リッジウェイ(旭ファイバー)

取り扱い外壁材&雨樋

( )内はメーカー名
窯業系サイディング全般
ニチハKMEW 他)
金属サイディング全般
 
雨樋全般
パナソニックタキロン 他)

施工のながれ

お問い合わせから工事完了までのながれです

STEP1

お問い合わせ

お電話 045-828-2580
または、
お見積もりフォーム
から
STEP2

現地調査・お見積もり・ご提案

屋根の状態を確認して必要な工事のお見積りをいたします。
現地調査は、およそ30~40分程度です。
STEP3

ご契約・詳細お打ち合わせ

工事内容の確認や工事日程を調整します。
STEP4

近隣の方へ工事のご挨拶

工事の約1週間前に行います。
STEP5

工事スタート

工事日数は工事内容により様々ですがおおよそ5日~10日程度です。

主な工程は、
  1. 仮設足場の設置工事
  2. 既存屋根や雨樋の撤去工事
  3. 屋根葺き工事、雨樋工事
  4. 仮設足場の解体工事
STEP6

工事完了
ご報告・お支払い

完成した屋根をご確認(目視や写真など)いただきます。

ご確認後、ご請求書をお渡しいたしますので銀行振込にてお支払いいただきます。
お見積もりは、こちら